代表挨拶

聴覚障害をもつ医療従事者の会ホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
代表の関口麻理子です。私は1994年医師免許取得し、以来病院で勤務医として働いています。私が免許取得時、医師法には聴覚障害者には免許を与えないとされる欠格条項が存在していましたが、現在は撤廃され、聴覚障害をもつ医療従事者は年々増加して、職種や活動の幅も拡がってきています。
しかしながら、専門教育の場での聴覚障害への理解や配慮はまだ十分とは言えません。実習や新人教育の場での理解不足から、十分な教育が受けられず、医療の道を諦めたり、活動の場を広げられずに苦労している仲間が沢山いることも現実です。また、聴覚障害をもつ医療従事者はまだ世間一般には知られない存在であり、聴覚障害をもつ子供たちが将来の職業としてイメージを持つことができず、進路として選択されにくい状況もまだあります。
当会の会員は、聴覚障害の程度やコミュニケーション手段もまちまちですが、ともに医療に関係する国家資格をもつ仲間です。資格取得までの経験や資格取得後の働き方も様々で、それぞれ試行錯誤している状況ですが、この会でそれぞれの経験を持ち寄り、互いに学びあってよりよい就労環境を作り上げてきました。
当会では、私たちの経験をもとに、医療現場等での就労環境の改善が一般化されるように取り組むとともに、聴覚障害をもつ医療従事者の存在を皆様に知って頂き、聴覚障害をもつ子供たちの将来の選択肢として医療職が当たり前に存在するようになる事を願っています。また、医療の現場での聴覚障害への理解を深め、聴覚障害者が医療サービスを受ける際の壁を少しでもなくす事を目指していきたいと思っています。
どうか皆様のご支援、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。